WEBオプティマイザー|札幌のSEO・SEM・SNS運用支援@武藤

WEBを最適化する専門家 | 多くの情報を発信する場があるWebSiteやソーシャルメディアですが、効率よくお客様に届ける方法を最適化します。

Podcast

Googleマイビジネスの口コミを強化する

Googleマイビジネスは実店舗では多くの方が取り組んでいると思います。まだ、取り組まれていない方はすぐに取り組むことをおすすめいたします。サイトは持っているけどなかなか活用ができていない方はスマホがあればとても簡単に投稿ができて、活力がある会社・企業だなと思っていただけるはずです。
 


https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

ここからは、すでにGoogleマイビジネスを利用している方が中心になります。投稿を定期的に行うことは最低でも行ってください。投稿は表示されているのが7日間と短い期間設定となっていますので、毎週定期的に行うことでお客様はきちんと運営されている会社・企業だなと判断すると思います。
 

投稿は場所を示す地図の下に並んで表示されます。(ナレッジパネル)
 

次に注目して欲しいのは、口コミです。店舗運営されている方でGoogleマイビジネスに積極的ではない、懸念されている理由は、口コミではないでしょうか?
 

星が多い場合には、問題はないばすです。しかし、一方で店舗にとって悪い口コミもあります。悪い口コミが書かれてしまうのではないかという点が今一歩踏み出せないのは、自ら店舗運営している者としても非常に理解できます。ですが、Googleマイビジネスの勢いは、いまさらホームページをつくるくらいならGoogleマイビジネスだけでも十分に活用できるのです。
 

悪い口コミは、正直気分が悪いです。イライラして見たくもありませんよね。実体験・・・(笑) ですが、真摯に受け止めることもインターネットの世界で生きていかなければならない時代は乗り越えなければならない点でもあります。お客様が口コミのように捉えたなら仕方がありません。そして、あなたなりの考えをルールを決めて対処していきましょう。
 

もちろん、口コミのすべてが正しい訳ではありません。時には単なる嫌がらせで投稿する輩もいます。確実にライバルだとわかる例も存在します。もし、悪い口コミが本当ならフィードバックとして改善する、または改良していくことができます。
 

事実無根であれば、不適切な口コミとして報告もできます。Googleマイビジネスの考え方は、お客様が実態に基づいて感想を書くことが基本のルールになっていますし、偽りの口コミであれば不適切な口コミとして報告しましょう。
 

普段であれば、まずあり得ないことを書かれてしまう場合もあります。実店舗を運営していると様々な突発的な問題も発生するのも事実です。たとえばオープン時間にお店が開いていなかった、混んでいてとても待たされた。などは通勤に使っている電車が運休してオープンに間に合うことができない。スタッフが急な病気にかかってしまいいつもの体制がとれなかったなど、突発的に起こる問題は複数あります。
 

ですが、お客様にはどうなっているのか説明もなればわかりません。そんな時は得てして口コミに書かれるものです。Googleマイビジネスはオーナー様のスマホから簡単に営業時間の変更なども瞬時に行うことができます。
 

悪い口コミが書かれる原因の最も多いものは、ネットに出ている情報と違ったという点です。なので、ある程度予想されることは事前に詳しく説明をしておくことで悪い口コミがなくります。月曜日はいつも混むとわかっていれば、Googleマイビジネスに記載しておきましょう。待ち時間がありますなどです。
 

現在のお客様は大抵はどこかのサイトやGoogleマイビジネスを見てやってきますので、事前に公開しておくだけで良いのです。月曜は混むのであれば、火曜日にしよう。他に行こう。時間の余裕を持って行こう。など、店舗側が考えるより多くのことをお客様は考えて来てくれます。場合によっては、月曜日の急ぎのお客様を排除できることになります。
 

時代の背景でインターネットのこのような口コミは切っても切り離せない状態は今後も続くでしょう。だから、悪い口コミ以上に良い口コミを獲得していかなければなりません。ですが、良い口コミを力で勝ち取ろうとするのはGoogleマイビジネスのポリシー違反になってしまう可能性があります。
 

Googleマイビジネスでは、インセンティブを提供したりすることは違反になります。口コミを書いてくれた人は割引をする、10%引きのサービス券を配布するなどは違反となりますのでご注意ください。ではどのように口コミを増やしていくのかというと、口コミをお願いする方法やダイレクトに口コミページに飛んでもらうことです。
 

お客様も忙しい時間でわざわざ、口コミを書くために時間を使って探させたりしないように、口コミページに一発で到達できるようにしておきます。そのお店が気に入ってくれている人に頼んで見る、お願いするという基本的なことをしていきましょう。
 

そのページの作り方はとても簡単です。
まずは、このページ⇒Maps JavaScript API


https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/examples/places-placeid-finder
 

指定のIDを下記のURLに挿入して出来上がりです。ORコードを作って、スマホをかざしてもらえば簡単に口コミページに行ってもらえます。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=place_id
 


https://search.google.com/local/writereview?placeid=ChIJlXRHnhgqC18Rxc3IijE3X3A

 

QRコード作成 【無料】:QRのススメ⇒https://qr.quel.jp/

 

口コミは新規客の大きな指数になっていくことは、間違いありませんので多くの良い口コミをもらって他のお客様にアピールしていきましょう。悪い口コミに対しては、真摯に受け止めて口コミに返信をしていくことで信頼回復も行えます。

 

最新情報はメルマガから

最新情報はメルマガから
誰かに商品やサービスを買ってもらうということです。その誰かを見つけるのがマーケティングです。
どうやって見つけるのか? 人が何か商品やサービスを買う時の理由は2つです。

「問題を解決できる」「欲求を満たすことができる」

商品やサービスの販売で私が大切だと思うことがあります。
売れない理由は、商品やサービスが「わかりずらい」点です。

ベネフィトが明確ではないのです。
商品やサービスがお客様にもたらす何か良いこと、お客様は価値を買っているのです。

スポンサード